Crew Profile

Crew Blog | Saki Uchida: Kapu Nā Keiki

Saki_UchidaWritten by Saki Uchida

I believe kids are the only hope for the future. All the physical things will be gone someday, but our kids will be left along with natural environment that we are going to leave. I want to leave it better than what we have right now.

It has been six months already, and it feels like we left Palekai, Hilo yesterday. But that was ages ago. I sailed with Hōkūle’a and Hikianalia from Hilo, Hawaiʻi to Auckland, Aotearoa. When we arrived in Aotearoa, I felt like I woke up from a long, long nap. I still can’t believe what has happened in the past six months of my life because it was just like a dream.

I realized people are the same on any island; how you look and what language you speak doesn’t really matter. We see more similarity than differences like Uncle Kealoha said through this Worldwide Voyage.IMG_1177

Life on the canoe, everything is so simple. It’s just the canoe, the ocean, and us. The moment when the canoe leaves the dock, everything changes like magic.

In any era, I believe kids are the only hope for the future. All the physical things will be gone someday, but our kids will be left along with natural environment that we are going to pass on. I want to leave it better than what we have right now.

After the canoes visited each place, I saw a picture in my mind of Hōkūle‘a and Hikianalia holding each island together like we hold hands. They have already connected Hawaiʻi to Aotearoa, and it will be all the way around the world in 2017. Every stop we made, we met a lot of people who became our “ʻohana” (family). I have been thinking what can I do for them? What can I give back? What is my responsibility? After thinking for a while, I ended up with “keiki” (children). Like people before us left all the gifts and shared everything with us. I want to share what I learned, what I saw, and what I felt on the canoe with kids. While on wa’a life, you see the most important things in your life so clearly.

IMG_3206

The canoes will take us to a better world like how navigators take us to the next destination that we may not know but are full of hope.

This voyage is possible because we have an enormous amount of support by everyone. All the crew on board know that because of you and your support, we are here. I hope everyone knows that’s how much we appreciate you. A big arigatō goes to all my teachers, wa’a dads, sisters and brothers, and Hōkūleʻa and Hikianalia. Without you and all your help, I wouldn’t be here. Much Aloha!

In the end, mahalo to the Perkins ʻOhana for supporting Captain Bob, and congratulations to Kalā and her husband Daniel.

IMG_4267もう6ヶ月という月日がたってしまいました。昨日ハワイを出たような、でもそれがすごく昔のような、不思議な気持ちです。私はホクレアとヒキアナリアと一緒にハワイからニュージーランドまで旅をさせてもらいました。一年目では私だけが、1−5区間ぶっつづけでした。そんな長い間カヌー達と一緒にいましたが、ニュージーランドに着いた瞬間、夢から覚めたような、全てが夢だったような、そんな気持ちになりました。だって、こんな経験、私がいつも心に描いていた夢みたい。

この6ヶ月間で太平洋のたくさんの島々に行きました。私は英語もまともにしゃべれないし、ハワイ語なんてもってのほかで、日本語もめちゃくちゃです。でもどの場所に行っても出会うのは同じような心を持った人たちでした。育ってきた環境も、しゃべる言葉も、見た目も違う人たちでしたが、同じ人たちでした。第1区間でも2012年の旅でも、私のウォッチキャプテンだったケアロハが言っていたように、この世界航海で、私たちはきっと、人々や場所場所の違いを見るんではなく、同じところをたくさん見つけると思います。

カヌーの上では全てのことがとてもシンプルに感じます。カヌーが港を離れた、その瞬間に全てが変わるのが目に見えるようにわかります。魔法がかかったみたいに。IMG_5877

きっといつの時代も子供達だけが未来への希望だと私は信じています。いつの日か、全ての物体はいなくなるけど、私たちの子供達と私たちが今一緒に生きている自然だけが、後世にも続いていきます。そんな次の世代に、今あるものよりもっといいものを残さないと。

いろんな場所に行くたびに、カヌーがその一つ一つの場所を、手をつないでいくように見えました。もうハワイからニュージーランドがそうやって、カヌー達によってつながりました。2年後の2017年には世界が一つのカヌー達が通る海の道でつながるんだろうな。毎回港に泊まるごとに、たくさんの人に出会いました。後に私たちの“オハナ”になる人たちです。この人たちはいつも私たちを家族のように扱ってくれました。そんな人たちに私たちは何ができるんだろう?何をお返しすることができるんだろう?とずっと考えていました。で、結局辿り着くとこは“子供達”でした。私も私たちの前の人たちがしてくれたように、次の世代につなげていきたいです。カヌーの上では人生で本当に大切なことが透き通って見えるから。IMG_6140

この世界一周航海、”Mālama Honua”を通して、カヌー達が今よりもっと素敵な世界につれってくれると思います。ナビゲーターが私たちを次の島へ連れてってくれるみたいに。私たちがまだ知らない、でもたくさんの希望に満ちた場所へ。


Learn more about our crewmembers and the Mālama Honua Worldwide Voyage. Visit us and join our global movement towards a more sustainable Island Earth.

Print Friendly, PDF & Email

Send this to friend